2012年08月30日

8ヶ月

8ヶ月になりました。

ハイハイはまだできないけど後退りが凄く速いです。

うつ伏せからお座りも出来るようになりました。

バイバイ・行ってらっしゃい・お~い!(呼び掛け)・おはよう・おやすみ

では手を振ることもできるようになった。
といっても、幽霊みたいに手の甲下がってて、まだシャキっとしない(笑)

ふとしたきっかけで何か出来ると、途端にコツを覚えて出来るようになる。
学習能力と成長の早さに驚かされるばかりです。


お盆過ぎには実家に二人で新幹線で帰りました。
久しぶりなので、人見知りで泣いちゃうし、私が背中見せたりトイレで少し居なくなると泣く。

けど、みんな嫌いな人じゃないみたいで、近くにいたり、一緒に遊ぶぶんにはニコニコ笑って楽しそうだった。
私がいれば抱っこされても大丈夫みたい。

3・4日目くらいにはババには心許して長時間抱っこも大丈夫で、私が見えなくなっても大丈夫。流石は母ちゃんの母ちゃんだなって思った。

驚いたのはおばあちゃん。
午後から半日二人でおばあちゃん家にいた日があったんだけど、一番久しぶりのはずのおばあちゃんには人見知りも何もせず、それどころかポコから甘えに行くという。

いやぁ…もう、これは本当に流石!としか言いようがない。
前から私とおばあちゃんは雰囲気似てると言われていたけど、それだけじゃないね。

おばあちゃんってやっぱり凄いんだ!



そして、同居の悩みとかベラベラ話して、ポコの昼寝と一緒に私も寝かせてくれた。

「誰にも気兼ねすることないんだから、何時間でも寝なさい」

って言ってくれて、そういえば、同居だと昼寝も強制的な昼寝だったし、そのくせ気楽に寝れてもいられなかったなぁって思った。

思わず涙出てきて、おばあちゃん家の枕カバービショビショ濡らした。

ここ一番の質の良い睡眠ができた気がしました。
もともとおばあちゃん家ってよく眠れるんだけど、今回のは特に最高。
たぶん1時間半か2時間くらいかな。至福の睡眠。


人間、四六時中気を遣ってるとおかしくなるね。
こうやって誰にも気兼ねせずに息抜きしなきゃ。


drecom_ko_hi_noki at 11:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月10日

つぶやきから始まる嫁のストレスのいろいろ

親バカですが、我が子はやっぱり最強に可愛いです。
母性きゅんきゅんです。


と、そういう話を旦那としてましたところ、

旦那「それでも可愛い我が子を虐待する親がいるんだからなぁ」

私「でも、本っ当に1人っきりだったら、解らなくもないな。」

旦那「んだべ。だから義理の母とのストレスあっても、1人に比べたらこっちのがいいべ」



とまぁ、今の暮らしを選んで良かったね、って結論になる話をしたんですが、虐待するかしないか、っていう点については反論はあまりする気はありません。

ただ、私はせっかくだからと付け足し

「赤ちゃん一点にストレスが集中すると危ないけど、いろんな細かいとこにストレスがちょっとずつ溜まってるんだよ。」


ストレス100%が赤ちゃんにいくわけではないけど、20%ずつくらいが分散してあると、合計としては一緒なん。

だから、私は6月頃に一度おかしくなった時に、我が子に手はあげなかったけど、我が子と二人っきりでどこか行ってしまいたくなった。

たぶんどこかのストレスがかたよって、通常値を上回って限界突破したんだと思う。

「我が子と」と言うのは、おかしくなっても、捨てられない、なけなしの正常な精神だったのかな。

「私」よりも、「母親」の身分は捨てられなかったんだなぁって思う。

寂しがるだろうな、オッパイあげないと…

ある意味、娘が私の精神安定剤だったんですね。


あとは実家があったことが本当に支えです。
私がゴールデンウィークかの翌月すぐにまた帰ってくることを、責めなかった。

もし「嫁いだのに」「そんなにしょっちゅう帰ってきて!」とか言う実家だったら、私は本当に娘と『どこかにいってしまってた』かも。

母に精神異常は話していて、母から私には内緒で父に話していてくれていたから、父は何も聞いてないみたいに普通に迎えてくれた。

嫁ぎ先への帰りの新幹線の中で、父がそれとなく、私は異常じゃない、いつでも帰ってこい、と言ってくれて、ようやく父も知っていたんだと知った。


ともかく、実家の父母は永遠に私の父母であり、我が子のジジババであり、最大の味方!

だから、世の子育てで悩んでるママさんたちは、本当に辛くなる前に自分の味方のところに行ってほしいと思う。

嫁ぎ先の何たらとか、旦那さんが何たらとか、そんなものは捨てて、安心できるとこにいるべき。


そうして、何とか精神の危機的な状態は乗り越え、私は今も無事です。


あと、山形県は同居率が高いから、私と同じ境遇の方の話をけっこう耳にします。

そんな中で、結構な割合でママさんが鬱になって同居解消、という話を聞きます。

これって母親が孤立するのと同じくらい問題だと思うんですよね。

私も危なかったからわかる。

しかも、問題のない同居家庭にけっこうあるみたい。

我が家もそう。嫁姑問題やらってのは無くて、いたって良好……

って、んなわけないじゃないですか。

他人同士が1つの家に住んでるんですから。
しかも、はっきり言うと、旦那なんて味方でもなんでもないですからね。1人アウェイなんです。


何か気に入らないとこがあっても多数決の考えしちゃうのかな、とにかく「私が違うんだよね」「私が我慢すれば」「悪いのは私」…って考えてしまうのです。


外に出ても「同居、偉いですね!」「ジジババが手伝ってくれて楽でしょ」などがお決まり。

最初のストレスの件に戻るけど、はたから見れば20%くらいのストレスしかないように思われるんですよね。

みんな一方向だから。

でも違うのです。
たくさん抱えてるし、見えてる何倍もストレスあるんですよ。

旦那は虐待の機嫌度、つまり育児のしかも具体的な内容の育児の面だけを見て、私に言ってきた。

さも今の生活は楽で良いでしょ、と言わんばかりにね。


どういう生活が楽だ、とは言わない。
ただ、育児中の嫁への言動には注意しなさいね。
同居して誰が一番得かって旦那、お前だからな…


drecom_ko_hi_noki at 11:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月06日

7ヶ月

a469b9d1.jpg
6ヶ月が抜けてて、2ヶ月ぶりの更新。

健康元気にハーフバースデーを終えて、先日7ヶ月を迎えました。

顔つきはだいぶ幼児らしく…といいますか、キリッとしてきた気がします。

意思表示もハッキリしてきて、嫌なことは嫌だ、嬉しいことは嬉しい、わかりやすいです。

近所の保育園でやってる子育て支援センターも利用し始めました。

正直、人と交流するのが苦手なので、沢山の親子がいる場所に行くのには勇気がいりましたが、近所で散歩の時にちょいちょい会って、交流持ててるママ友さんが誘ってくれて、行ってみました。

「0歳児あつまれ」って会で、ポコと同じくらいの子が4人ほど。

誘ってくれた方の子は1歳半くらいなので大きくて、ポコも圧倒されて娘同士は上手くいってないんですが、やはり同じくらいだと、子ども同士もテレパシーっていうか、何か通じあえるらしく、赤ちゃん同士も交流を深めていました。


でも、友達つくりって難しい。

親同士になると、子どもの話、家庭の話ばっかりで、どうやったら自分と相手が向き合えるのかわからない。

そうする必要もあまり感じられないんだけどね(^^;)

だから、つくづく独身時代の友達の存在は大切だと思いました。唯一無二ですな。

子どもができて、前程自由な自分の時間はないし、時には自由が羨ましく感じることもあります。

とはいえ、子どもを恨む気持ちはないですから複雑だけれどね。

そういった複雑な気持ちと現実の生活の中で、やや精神的に危なくなる時がありますが、たまにメールくれたり、会えたりすると救われますね。

母子共に、健康第一で今月も生きます。


drecom_ko_hi_noki at 16:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
最新コメント